屋上庭園に憧れます!設置するメリット・デメリットはありますか?

yjimageZ1AQPQAH
【メリット】
屋上部分に芝生を植えることによる室温上昇の抑制ができる。屋上や天井部分に当たる日光によって、夏場などは室内の温度が上がりやすくなってしまいますが、屋上に芝生があると屋根の温度が上がりにくくなり、室温の上昇も抑えることができます。
もうひとつのメリットは、屋上だからこそのメリットです。一般的な庭の場合、外部から庭への侵入や、庭に置いている設備の盗難などの不安があります。屋上庭園なら、外部からの侵入はまず不可能ですし、侵入が難しいので、設備の盗難なども防ぐことができるでしょう。

【デメリット】
屋上庭園は、屋上に土や植物を入れたり、ルーフトップを取り付けたりするため、どうしても建物にかかる重量が増加してしまいます。そのため、構造によっては建物の補強工事が必要となり、ルーフバルコニーを設置する場合や、ウッドデッキを設置する場合に比べて、費用が割高になりやすいのがデメリットです。また、屋上庭園は土を使うことが多いため、継続的に水分が屋根に乗った状態となりますので、雨漏り対策や防水工事を十分に行いましょう。