太陽光発電を設置するメリットとデメリットは?

電気を作り出す際に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しないことや、日々の電気料金の削減などといったメリットがある一方で、多額の費用がかかってしまうことや、天気によって発電量が左右されてしまうなどといったデメリットをお教えします。

yjimageN8Y5PWU5

【メリット】
•電気料金の支出を大幅にカットできる
•電力需要時間の電力削減に効果がある
•余った電力は電力会社に売ることができる
•温室効果ガス(二酸化炭素)を排出しない
•煩わしいメンテナンスなどはほとんど必要ない
•国や地方自治体から補助金をもらうことができる
•停電など万が一の時にも電気を使うことができる
•使用されている部品や機器などのリサイクルが可能
•石油燃料を使わないため有害な廃棄物などが発生しない
•設置導入に必要な条件が少なく、設置可能な面積・場所が多い •補助金対象になるための条件として、メーカーの補償(各メーカーにより異なる)が付いている
•オプションとして、自然災害時の補償・停電時の補償・補償期間の延長など充実したサービスがある
•停電や電気代の高騰が無くても、今後、原子力・火力(CO2)に頼らないエコエネルギーが市場価値が高まる


【デメリット】
•ソーラーパネルそのものの価格が高い
•設置導入にかかるコストが高い •屋根に負荷(重さ)がかかる
•太陽が出ていない夜間の発電は不可能
•天候によって発電できる電力量に大きな差が出る
•蓄電池がついていない場合、蓄電することはできない
•申し込みから実際に設置されるまである程度時間がかかる
•商品によっては一戸建て・持ち家でないと設置導入できない
•発電していない夜間、雨・曇りの日は通常の電気代がかかる
•100%の投資回収を保証していない。100%の回収を見込む場合、最短でも10年期間は運用する必要がある  自宅に太陽光発電のシステムを設置するかどうか決める際には、業者に見積りをしてもらい、疑問点や気になることなどしっかりと尋ねてください。