外壁塗装の剥がれの原因や予防法はありますか? 

外壁用の塗料は、厳しい屋外の環境に耐えられるよう、耐久性や耐候性を重視して作られていますが、それでもある程度の年数が経つと劣化が進み、本来の性能を発揮することができなくなってしまいます。

yjimageFSTW64E9
このような劣化が塗膜に起こると、塗膜の伸縮性が低下したり、下地との接合が弱くなったりといった症状が起こり、塗膜の剥がれや浮きといった症状が現れるのです。また、塗膜の剥がれは塗装の劣化だけで起こるというわけではありません。屋根と外壁の隙間の防水が弱まり、外壁内に雨が侵入して構造材が傷んだ場合や、施工の際の下地づくりや塗装が甘かった場合にも塗装の剥がれが起こることがあります。予防法としては、早期発見をし小さなうちに補修することに限ります。外壁を見たり、掃除したりすることで早期発見にもつながります。