コンセントを増やしたいのですが、ポイントやおすすめの配置場所はありますか?

コンセントの増設や移動をしたいなら、内装リフォーム時が最大のチャンスです。コンセント工事だけ独立して行うと、壁紙の補修が必要になることや、配線が壁の上を這い回る露出配線になってしまうこともあり、見栄えがあまりよくありません。 壁紙の張替えリフォームや、間仕切り壁の移動の時に一緒に行えば、二度手間を防ぐことができ、壁の中にキレイに納まります。

406079-500x375
新築でもリフォームでも、コンセントが充実していると、暮らしは格段に便利になります。付け忘れが無いよう、じっくり計画していきましょう。 また足元だけでなく手元に付けたり、床に付けたり、もっと便利に暮らせる位置や高さの工夫も大きな ポイントになりますので参考にしてください。
■玄関ドアの外側すぐ脇 ⇒ クリスマスツリーやイルミネーション用などに使える。
■玄関カウンター上、廊下のニッチの中⇒ 装飾用ランプ、リースのイルミネーションなどが置けた。
■洗面所の収納内部 ⇒ 充電式髭剃り・電動歯ブラシ用として便利。
■洗面所やトイレの中の床近く⇒ 冬場の小さな暖房器具用として便利。
■クローゼットや納戸などの収納内部 ⇒ 充電タイプの掃除機を収納内部で充電できる。
■オーディオやパソコン周辺 ⇒ 通常の2倍の量を付けておいたので機器が増えても心配無い。
■キッチンシンク上、吊り戸棚の下部 ⇒ ミキサー類に水が掛からずコードが作業の邪魔にならない。
■ダイニングテーブルの高さに合わせて ⇒ ホットプレート、卓上電気鍋を使用する際とても便利。
■寝室のベッドの枕元周辺 ⇒ スタンド用、スマホや携帯の充電用、充電式懐中電灯用。
■寝室のベッドの足元周辺 ⇒ 電気毛布用、布団乾燥機用、加湿器用として便利。
■階段の踊り場 ⇒ 掃除機のコードが届かない範囲が無くなる。
■LDの境目の床面に床出し専用のタイプを ⇒ フロアスタンドや暖房器具用に便利。
■家の中のコンセントの位置を高くする ⇒ ペットがコード類をかじらないよう対策⇒ 腰の負担がなく掃除機のコンセントの抜き差しが楽になる。
■ベランダや庭 ⇒ バーベキューや照明、電気式芝刈り機用。
■車庫の中もしくは駐車場脇 ⇒ 車内用掃除機、日曜大工、電気自動車充電など