お風呂にテレビを設置したい!工事は簡単にできますか?

浴室にテレビを設置する場合、重要となるのはテレビ電波の受信方法です。 ワンセグなどのテレビそのものが電波を受信するものにするか、地デジなどのように屋外のアンテナからアンテナ配線を引いて受信させるかによって使い勝手は大きく変わります。基本的に浴室内でテレビを使用する場合、画質が良いのは地デジタイプの製品ですし、画面サイズも地デジタイプのものの方が豊富なため、予算的に余裕があるなら地デジ式タイプを選んだ方が良いでしょう。

yjimageTDWOFMLW
【浴室テレビの設置方法】

壁掛け式
浴室の壁にビスなどで固定金具を設置し、薄型の浴室用テレビを取り付ける方法になります。浴室内の壁にテレビを埋め込む手間がかからないため施工しやすく、費用もある程度安価に済むというメリットがありますが、落下等のリスクもあります。
専門業者に取り付けを依頼すれば保証があるので安心です。

埋め込み式
壁の中にテレビを埋め込むため、固定力が高く、見た目も違和感がないのが特徴。しかし、壁の中にテレビを埋め込むため、修理等が必要となった場合に手間がかかり費用もやや高くなるのがデメリットです。

③持ち込む
浴室内でテレビを見るというポータブルタイプの浴室テレビをいったものになります。天井裏に配線を行う必要がないため、施工費用がかかりません。
デメリットとしては、充電の手間がかかることと、ワンセグ受信となるため、場合によっては電波の状況が悪く浴室での利用ができない可能性があります。

どの設置方法についてもメリットとデメリットがありますので、利用目的やご家庭の環境、予算などを考慮し工事方法を選ぶことをお勧めします。